FC2ブログ

RIGHT HERE!

~マンションで北欧風な部屋づくり~

自閉症スペクトラムな次男の就学について【前半】





我が家の子供の発達障害に関する記事です。
インテリアと全く関係ないので、興味のない方は申し訳ございません。
スルーして下さい





来年の4月から小学生!になるにあたって就学先に悩んでいます。


次男は現在保育園の年長。
自閉症スペクトラムと思われます。(医師の診断は受けていません)


これまでの事をざっくり説明すると、

1歳後半:言葉が遅い(喋らない)のが気になって市の健診で相談
2歳台:療育園に週5で通う/療育手帳(B2)を取得
3歳台:障害児保育を利用して保育園入園/喋り出す
4歳台:保育園2年目/療育手帳に該当する障害は認められないと言われる
5歳台:保育園3年目

といった流れです。


療育手帳は外れましたが、定型発達児より遅れている事が多く実際の年齢より幼く感じます。

現在の課題は、

・気持ちのコントロールが下手(好きな事をしている場面からの切り替えができない)
・癇癪を起すとその場から逃げる
・新しいことや場面が苦手
・言葉の遅れ(吃音と赤ちゃん言葉:さしすせそがちゃちちゅちぇちょ)

など。
正直来年小学生になると思うと凄く不安があります(;'∀')



就学の悩み所



悩み所は、ずばり支援級(情緒級)か普通級か、という点です。

癇癪を起すと逃げる、という課題がある限り普通級は難しいとは思いますが
去年に比べると回数も減ったし逃げる距離もだいぶ短くなりました(苦笑)

勉強面は家庭学習でひらがな・カタカナはほぼ読めるようになりました。
書く方もボチボチできています。(鏡文字がチラホラあります)


当初「普通級でやっていけるのであれば、最初(一年生)から普通級でスタートした方がいいのでは?」というのが夫の意見でした。
学年のカリキュラムについていくチカラがあるなら、【中学や高校受験も見越して】という勉強面からの意見です。


IMG_0419_20190727203916266.jpg
親も勉強させる事に必死w


現在保育園での支援は、気持ちのコントロール・癇癪などの対応を先生が次男の気持ちを丁寧にくみ取ってくれて、
「あと2回やったら終わりにできる?」 「4の針(20分)までで終わりにしよう?」など提案をしてくれます。

気持ちが落ち着いている時やイベントの時などはみんなと一緒に参加できているので、
集団行動もできる時はできている様に見えます。

でもそれはやっぱり情緒面で丁寧に支援をしてもらってるおかげなのでは?と思います。

勉強面を重視して普通級に入ったとしても、気持ちが崩れた時のフォローは担任の先生ひとりに任せる事になり、
それこそ先生次第、クラスの状態次第では二次障害の心配があります。

この時点で、夫は普通級推し、私は支援級推し、みたいな感じになっていて非常にモヤモヤしていました。



学校見学



春先に小学校の支援級の見学・体験があり、夫と3人で参加しました。
知的級・情緒級共に見学・体験させてもらいました。

支援級は知的・情緒合同で体を動かす授業があったり、どちらも普通級との交流があったり。
(内容は学校や個人によって違いもあるのかもしれません)

普通級との違いはやはり先生の人数!
特別支援学級の上限定員は8人と定められています。

見学後の面談では学校側に支援級の在籍人数やクラス分けなどの質問をしました。

我が家は長男が同じ小学校の3年生なので、普通級の事も分かります。

正直、入ってみたら普通級でもやっていけるのでは?とか、長男が次男が支援級なのは嫌がるかも?という不安もあり、
もう何を基準に決めたらいいのか分けわからなくなってました(笑)



・・・そうは言っても秋までには就学先を決定しなければなりません




【後半】は発達検査と就学相談



長くなりそうなので前半と後半に分けます(^_^;)
後半は、判断材料として大きく関わる発達検査就学相談会について書こうと思います。





にほんブログ村テーマ それぞれの*発達障害と共に*へ
それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村テーマ 発達障害児を育てていますへ
発達障害児を育てています
にほんブログ村テーマ 保育園児へ
保育園児




■ブログ村のランキングに参加しています■
ポチっと応援頂けると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://righthere2014.blog.fc2.com/tb.php/723-ba2febf7
該当の記事は見つかりませんでした。