RIGHT HERE!

~マンションで北欧風な部屋づくり~

扇風機買ってからリビングダイニングが快適(^^♪



先日買った扇風機がすごく活躍してます!
IMG_5155.jpg
カモメファンです


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


寝る時に使う様に買ったんですが、昼間はリビングに置いてます。




我が家は横長リビングで、LDKにエアコンは一台しか設置してません。

間取り(エアコン)
↑上の間取り図の様に、エアコンが設置してあるリビング側・和室はよく冷えますが反対側のダイニングが暑かったんです。





なのでダイニング側上向きに扇風機を置く事で空気が循環する様になり、LDが快適に~♪
間取り(エアコン)



空気を循環させるならサーキュレーターの方が良さげですが、カモメファンでも十分です。
寝る時は寝室に持って行って弱風で使っていますが、音が静かだしリモコン付きなので便利です。

ちなみに寝室にはエアコンがあるものの、子供部屋には設置していないので真夏の暑い夜はリビングのエアコンだけつけてます。
マンションの気密性の良さか、リビングのエアコンだけで十分家中涼しく感じる(単に狭いせい?)ので寝室で寝ている私と子供達・子供部屋(物置部屋)で寝ている夫それぞれ扇風機で十分快適に寝れます。




ただ、この「リビングファン」は4段階しか風量が調節できないのが残念ポイント(´・ω・`)
上位機種なら無段階調節で調節できるんですが、お値段が一万円以上高くなってしまいます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


でも去年の7月に買った同じリビングファンのKAM-LV1402Dという商品は無段階調節だったんです。
同じものだろうとろくに調べもせず買ったら今年の FKLR-231Dというモデルは4段階調節になっていて、さらにお値段もUPしていてショックでした・・・(夫に指摘されて知った

まっ、買っちゃったもんはしょうがない(∩´∀`)∩ ←夫は私のこういう所にイラっとするらしい
寝る時に弱風でそよそよした風にすると気持ちよく寝れるから大丈夫!







デザイン性と、持ち歩ける(バッテリーを買えば)って点が素晴らしいバルミューダのグリーンファンが欲しかった・・・
でも高い・・・(;´∀`)
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
売り切れ続出!すごい~!  

でもグリーンファンも4段階調節なんですね。





ぶっちゃけるとデザイン優先度下げればDCモーターで無段階調節できてかつカモメファンより安いYAMAZENでも良かったかも・・・
(寝室用は)
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。




とは言え、今までソファに座ってるとエアコンの風が直当たりだったので時間が経つと寒くてリモコンで風向き変えたりしていましたが、扇風機一台あるだけでLDK全体が快適になりました♪
IMG_5153.jpg
暇なのでツタヤにドラえもんのDVD借りに行ったらほとんど借りられてた~!






しみじみ、お買い物する時はよく調べてから買いましょう。って思いました・・・



私にぴったりなトラコミュ発見(笑)
にほんブログ村テーマ 失敗したお買い物…へ
失敗したお買い物…






■ブログ村のランキングに参加しています■

どちらかポチっと押して頂けますとそれぞれのカテゴリのランキングに移動します。
ご協力頂けると小躍りして喜び、更新頻度が上がると思われます(∩´∀`)∩


にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://righthere2014.blog.fc2.com/tb.php/374-137b0dce
該当の記事は見つかりませんでした。