RIGHT HERE!

~マンションで北欧風な部屋づくり~

長男はADHD? ◆就学前に発達相談を受ける事にしました◆ その①






我が家の子供の発達障害に関する記事です。
インテリアと全く関係ないので、興味のない方は申し訳ございません。
スルーして下さい







えー、我が家の2歳9ヶ月になる次男に関してはこれまで自閉症スペクトラムと思われる事、療育園に通ってる事を公開していますが。。。



今回は6歳2ヶ月になる長男(幼稚園年長)もグレーな事について。 悩んでます。
グレーと言っても長男の場合は自閉症ではなく、ADHDのグレーです。


ADHDとは


ADHD(Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder = AD/HD)は、別名を注意欠陥多動性障害とも呼ばれ、不注意(集中力がない・気が散りやすい)、多動性(じっとしていられない・落ち着きがない)、衝動性 (順番を待てない・考える前に実行してしまう)の3つの要素がみられる障害のことです。
小さい子どもであればこれらの要素は誰にでも見られるものなので、周囲の人に障害として理解されづらく、ただの乱暴者や親のしつけができていない子などと誤解を受けてしまうケースが多々あります。



特徴


年齢や発達に不釣り合いな行動が多く、社会的な活動や学業に支障をきたすことがあります。ADHDに知的な遅れは無く、感情や行動のコントロールを自身ですることが難しいという特徴があります。




ADHD(注意欠陥多動性障害)によく見られる行動リスト


・落ち着きがなく注意を持続する事が難しい、または困難である。
 授業中立ち歩く、または途中でどこかに行ってしまう。

・気が散りやすい。集中力が続かない。
 与えられた課題の途中で、別のことに手を出してしまう。

・失くし物や忘れ物をしやすい。
 おもちゃや文具など失くし物や落し物が多い。宿題など忘れ物をすることがよくある。

・ルールが守れない。
 衝動を抑えることができない。、待つことが苦手で順番を守ることができず、割り込みをしてしまう。

・理解できる指示をされても従おうとしない。
 「静かにしてください」と言われても静かにすることができず、おしゃべりを続けてしまう。
 「注目してください」と言われても注目できず、他に関心が移ってしまう。


・事前によく考えて行動できない。
 物事をぱっと見で判断してしまい、うっかりミスをしてしまうことがよくある。

ADHD(注意欠陥多動性障害)とは - 特徴や接し方|LITALICOジュニア-発達障害・学習障害の子供への教育・支援より





長男、上記の特徴にいくつか当てはまります。
2歳ぐらいから多動気味?と思うくらい動き回って手がかかる子だな~と思っていました

6歳になった現在も、気が散りやすく、自宅でも公文の宿題をしている時などすぐ何か喋り出したり考え事をしています。
とてもお喋りで、幼稚園では同学年の子供より大人にばかり話しかけ、自分の事ばかり喋ります。


IMG_5111.jpg

良い意味では子供らしく元気な子、とも言えるんですが(;´∀`)




親から見た「気になる点」



集団生活において、チラホラその特徴がマイナスポイントになっている様子が見られます。

①みんなが三角座りをして先生のお話を聞いている時間に気になる事(チョウチョが飛んでた、視界に入ったものを取りたいなど)があると一人立ち上がってフラフラ歩き出す。
②体操の時間に一人だけ走り回っている。
③通学路などで気になるものがあると周りを見ないで飛び出す。
④発表会などで父兄がたくさんいると調子に乗ってしまう(本来の発表の内容ではない事をする)

などなど。。。


これらは年少時から顕著に出ていて、周りの子との差を感じていました。
担任の先生や学年主任のベテランの先生に相談はしていましたが、多分先生方の中でも「気になる子」という扱いをしてもらっていた様に思います。


学習面では、5歳から公文に通っていてひらがな・カタカナは習得し、算数も簡単な足し算・引き算は理解できています。
学習障害はもうちょっと勉強が進んでみないとなんとも言えないのかな??

公文ではとにかく姿勢保持ができていないみたい。



ADHDかも、というはあくまで私の主観です。
今まで受診したり、健診で引っかかったりという事はありません。

言葉は2歳まではなかなか出なくて遅い方だと思っていましたが、今ではしゃべり過ぎるくらいお喋りです
そして2歳9ヶ月でもほとんど言葉の出ていない次男の方が知的の遅れを感じます。

つまり、長男と次男は発達障害でも種類と重さが違うと考えています。


とても分かりやすく読みやすかった本です


小学校就学にあたって、その集中力のなさから授業中フラフラしたり、集団行動に支障をきたすかも
という心配から小学校の支援級の見学にも行きましたが、親(夫)の判断で普通級に進む事にしました。


幼稚園の園長先生や学年主任の先生も普通級で大丈夫だと思う、とおしゃって下さった事も大きかったと思います。




就学前に発達相談を受ける事にしました



普通級に決めたものの、一学年5クラスある、まぁまぁ人数の多い小学校なので入学前に我が子の気になる部分や注意すべきことなどを相談したいと思っています。

幼稚園の入学前は親子での面接があったものの、小学校の入学前はそういったものはないらしく、手放しで普通級に入れるのは私が不安があって市の発達相談を受ける事にしました。


事前に電話で申し込み、日にちを決めて問診票を送って頂きました。

問診票は、
・相談したいこと(いつから、どんな状況、気になる事の内容、生活の影響、など)
・出生状況から幼児期の成長の発達具合(聴力・視力・疾患の有無・言葉の出た時期や排せつなど)
・家族のこと
・現在の様子(日常生活・集団生活・友達関係や遊び、表現の仕方など)
・同年代の子供に比べて目立つ姿があるか
・子供の良い所・持ち味
などを書き込みました。




発達相談で長男の様子を相談した上で、発達検査を受けたいと思っています。
どうなる事やら、ドキドキです(;´∀`)


発達検査の結果が出たら、その②を書きたいと思います。
11月は次男の療育手帳の判定・長男の発達検査・次男の保育園の面接と忙しくなりそうです





にほんブログ村テーマ それぞれの*発達障害と共に*へ
それぞれの*発達障害と共に*
にほんブログ村テーマ 発達障害児を育てていますへ
発達障害児を育てています
にほんブログ村テーマ 小学生&幼稚園児のママ☆へ
小学生&幼稚園児のママ☆






■ブログ村のランキングに参加しています■
ポチっと応援頂けると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。